NotionをWebサイトとして公開する4つのメリット。最高のライティング体験と高速表示

Webサイト化したNotionを情報発信のためのCMSとして見たときのメリットを4つ記載しています。Notionは特にライティング体験が素晴らしく、WordPressと比較するとキビキビと動く高速さ、画像や内部リンク、TwitterやYouTube埋め込みなどコンテンツ挿入の簡単さは一度知ってしまうと離れられません。本記事ではNotionにおけるライティング体験がいかに素晴らしいか、また高速に記事執筆が可能になる方法を記述しています。

①アイデアメモやリサーチ経過・アウトラインの段階でも気軽に高速に公開できる。更新もかんたん

「全世界に公開していいメモ帳」のつもりで情報をアウトプットしていく

とにかく高速に発信してナンボ、だと思っている。見出しは下記ブログに感銘を受けて。

自分はなんなら書きかけでも公開してしまってOKだと考えています。

ただ、さすがにタイトルだけのものは非公開。NotionをWebサイト化して公開する場合、特定の階層以下につくられたページは原則全て公開となるのですが、たとえばフィルター機能を利用して表示されないように出てこないよう設定することは可能です。

また、全体の割合として書きかけや内容の乏しいコンテンツをWebサイトとして公開してしまった場合、「低品質コンテンツ」としてのSEO上の扱いを受けてしまう可能性はあります。

このあたりはコンテンツ量が増えてきた場合に、たとえばSearch Consoleなどの指標をチェックしながらコンテンツ管理を行っていくのが良いでしょう。

あまり気にしすぎて、「公開できない」という状態になる方が好ましくないと考えます。とりあえず公開してしまって、評判の良くないコンテンツは後から管理を考える、という方式のほうがリソースが少ない場合のコンテンツ制作体制としては上手くいくでしょう。

文体や書きぶりで勝負するのもいいが、「情報そのもの」「アウトラインとして固まっていること」「インデント形式で構造化されている情報」で勝負するのも良いと思う。

むしろリサーチ結果などは、「文章」というより「構造化されたアウトライン」のほうが分かりやすいのではないか

ただしこれは発信内容の性格や運営体制にもよる。

たとえば小説形式のメディアでは無理だろう。

「サクサク動くことは正義」。メモ書きアプリの感覚で変更・更新・リライトを素早く気軽に

image

公開自体を高速に行うことができる、ということにも関連。

Notionは挙動が高速であること、目的の情報にたどり着きやすいことから、なにか過去の情報に変化があったときに、簡単にリライトを行うことができる。

後述もしますが、「毎回のログインをスキップできる」「公開ボタンを押す必要がない」ということは意外に大きいです。ストレスなく、気がついたら手軽にリライトを行うことができます。

「 記事を執筆する・リライトする」という感覚ではなく「メモアプリにメモをしている、メモを書き直す」と言う気軽な感覚でアプリケーションを開いてすぐに入力・そのまま更新・公開できることがNotionの大きな魅力です。

「サクサク動く」、「iPhoneやiPadなどどこからでもアプリで入力できる」というのは正義だなと感じています…!

そもそも私はNotionを「第二の脳」「外部記憶としてのデータベース」として利用しています。

その場合に、メンテナンスしやすいと言う事は非常に大切。

メンテナンスされ情報としての信頼性が高くなることで、ウェブサイト・Webメディアとしての信頼性も高くなっていくものだと考えます。

②ライティング体験が最高。内部リンク参照や外部リンクの埋め込みが簡単にでき、サクサク執筆・編集に集中できる

上記、Notionがサクサク動くことですぐにライティング環境に突入できる、ということにも関連。

ブログ・記事の公開ではテキストライティング以外にも、たとえば本文内に下記の要素を挿入することが多々あります。

  • 見出しや引用部分などのタグ付け
  • 内部リンク(自サイトの関連記事)
  • TwitterのツイートやYouTube動画の埋め込み

タグ付けはマークダウン記法で素早く済ませる

Notionはマークダウン記法に対応しています。

マークダウン記法とは、特定の記号をHTMLに該当するタグとして反映させる書き方です。

たとえば、下記のような記号を書き、半角スペースを挿入することで、該当のタグとしてNotion上に反映されます。

## // 見出し2
### // 見出し3
* // リスト
- // リスト
1. // 番号付きリスト
``` // コードブロック
[text](link)  // textにlink設置のテキストアンカーリンク
-- // 水平線
> // 開閉可能なトグルブロック
[] // ToDoボックス

一部、Notionのみのマークダウン記法もいれています。詳細は下記リンクより。

またマークダウン記法同様、/ (スラッシュ)を入力すると、ポップアップが表示され任意のブロックを選択できます。(コマンドと呼ぶようです)

image

内部リンクがすぐ・簡単に貼れる

Notionでは@を用いて「メンション」を行うことができます。

@を押したあとにポップアップが表示され、一瞬でキーワード検索によっていわゆる内部リンクとしての設置が可能。

image

上の画像のような感じ。キーワードを途中まで入力し、該当のページを選択するだけでOK。

そしてこの一連の挙動が非常に高速なのが大きいです…!

TwitterやYouTube動画の埋め込みも自動で一瞬に。

Twitterのツイート埋め込みや、YouTube動画の埋め込みも、該当のURLをペーストするだけで自動的に生成可能です。

埋め込みたいツイート(誰のでも構いません)のURLをNotion上にペーストすると、"Embed Tweet"という選択肢が現れます。

image

このEmbed Tweetを選択すると、下記のように埋め込み形式でツイートがNotion上に表示されます。

YouTube動画でも同様に、"Embed Video"をクリックすると動画がNotion上に埋め込まれ、ページ上から再生可能となります。

この埋め込み表示はSuperを介して公開されたWebサイト上でもそのまま反映されます。

内部・外部リンクを貼るときに重宝する「ブックマーク」作成機能

内部リンクや外部リンクを貼るとき、通常はテキストアンカーリンクの形(URLをテキストリンクの形で表示させること)が多いと思います。

CSSで制御することも可能なのですが、それをしても装飾として寂しく感じることがあります。

そこで活用できる機能が、"Create Bookmark"という機能。

image

URLをペーストして、"Create bookmark"を選択すると、下画像のようにカード形式でリンク先が表示されます。右側に表示される画像はページがサムネイルとして設定しているOGP画像属性から引っ張ってくるようです。

image

③無駄な設定項目がない。細かく設定する必要がなく、すぐに公開できる

SEOにおいて、テクニカルな設定をする価値が小さくなってきている

逆に言えば細かな設定ができないと言うことではある。ただし、近年のSEOにおいてはコンテンツそれ自体と外部リンクやオーソリティーなどの要素が全体のほとんどを占めている。

テクニカルなSEO設定をすることによって残りの部分の点数を稼ぐ事はもちろん可能だが、自分1人で執筆している場合など、リソースが少ない場合にその点にコストをかけるのは賢明ではないと思う。

(もちろん、ECサイトなど動的にページが生成されるものが多いようなタイプのサイトにおいて、テクニカルSEOは非常に大事だと思う)

Notionで公開前に設定する項目

Notionでコンテンツを作る場合に、意識的に設定している項目は下記くらい。

また、パーマリンク(公開用URL)はSuperの機能でタイトル内英文から自動的に作成してくれます。もちろんURLの編集も可能。

Notionではサムネイル画像を極めて簡単に設定できる

Superでサイトを公開する場合、Notionの本文内に一番最初に登場する画像をサムネイルとして認識するようです。

また画像はUnsplashから引っ張ってくることができ、Notion内で完結して挿入可能です。

/image と入力すると、下画像のように画像ブロックがレコメンドで出現。

image

Unsplashを選択し、検索すると検索キーワードに関連する画像が出てくる。

image

あとは挿入したい画像をクリックするだけで挿入される。簡単すぎ。

ドラッグ&ドロップで画像サイズも可変できる。

image

このような画像挿入をコンテンツ内で行えば、その画像がNotionテンプレートの機能によりサムネイルとして設定される。はっきり言ってめちゃくちゃ早くてラク。

ただし、たとえばalt設定を行うことができないなどのアクセシビリティからの問題はあります。

④SuperでWebサイト公開すると高速表示できる。セキュリティ・保守を気にしなくてよい

SuperでNotionをWebサイトとして公開する場合、サイトは静的化された形で公開されます。

静的化されることで、クラッカーとしてはソフトウェア側にたいして攻撃を行うことが非常に難しくなります。

また公開サイトのサーバーはSuper側が保守・メンテナンスをしているので、Superに任せる形でホスティング。

また静的化されていることから、非常に高速なサイト表示がなされます。

これがたとえばWordPressを自社・自身でホスティングしている場合には、自身でサーバー・ネットワーク等のセキュリティ対策を行い、さらにWordPressにおけるセキュリティ対策・定期的なアップデートが必要です。

高速表示させたい場合には、サーバー選定やCDNの利用、WordPress側での最適化に気を配る必要も出てきます。(いわゆるWordPressの高速化作業と呼ばれます)

記事を書きたくて、情報発信したくてWebサイトを立ち上げたはずなのに、保守やメンテナンスに労力を割かなければならないのは本末転倒ではありませんか…?

ライティング体験について、WordPressと比較した場合

image

CMSはWordPressが世界シェアNo.1でブログやメディアサイトにもよく利用されている。

公開前の設定項目としては上記Notionと大差ない。しかし、体感としてWordPressでの公開は非常に煩雑なものに感じてしまう。

その原因として、Notionと比較してWordPressでは下記のことがライティングの際のストレスとなってしまうからだろう。

【Notionと比較してWordPressにおいて感じていたストレス】

  • 挙動が遅い、アクセシビリティが良くない
    • いくら高速なサーバーを使っていても、Notionと比べるとWordPressの挙動は速いとは言えない。そもそも該当の記事にたどり着くまでに時間がかかることが多い。
    • Notionを使ってみるまで、WordPressの管理画面が遅いとは感じなかった。KUSANAGI環境でのVPSを利用していて比較的高速な環境だったとは思うが、それでもNotionに比べるともっさりした挙動を感じてしまう。
    • これは設計思想によるものなのかも。
  • ログインや公開作業など、ライティング以外の操作が必要
    • 公開作業について。NotionではSuperと連携させている場合などにおいて、変更部分が自動的に、というかそのまま反映される。
      • これは一長一短で、たとえばチェック工程などのワークフローが組まれている場合などはWordPressなどのCMS運用が良いだろう。
        • ただ自分ひとりで書いている場合など、あるいはチェック前にとりあえずスピード重視で公開したいという場合には、この「公開ボタンを押して待つ」、そして「公開前に各設定が正しいかチェックする」という工程が意外にストレスとなっているものだと気づいた。
    • ログインについても同様。セキュリティを万全にしたいのなら2FA(2段階認証)などできっちり防御するほうがもちろん安全。
      • ただし、WordPressで運営サイトの多くがセキュリティ対策が不十分であるという事実がある。定期的な最新版へのアップデートができていない、2段階認証を設置していない、セキュリティプラグインを導入していない(これは任意)など。
      • きっちり保守運用をしないのであれば、セキュリティはホスティング会社の運営に任せてしまう、という方が賢明。たとえばnoteやはてなブログなど、プラットフォーム上での発信はそのようなセキュリティ・保守からの解放というメリットもある。
  • コンテンツ制作・ライティング体験が気持ちよくない
    • Notionはたとえば前述したメンション機能や、Unsplashと連携した画像挿入機能などによって、脳が不必要な部分にメモリを割くことが極小となっている。
    • これにより、とにかく「コンテンツを作る」、「ライティングする」という体験にフォーカスすることができる。
      • 同様の思想をもつプラットフォームとして note があるが、こちらはやはり「完成した文章」を発信する場所。そうしたプラットフォームの中ではnoteが最もライティングに集中できると思うけれど、Notionのようにアウトライン・メモ形式での発信は難しいだろう
      • アウトラインでの公開、という意味では Scrapbox はまさしくそれ。エンジニアの方が技術ブログを公開する際に利用しているのを見かける。Scrapboxでも良いだろうが、個人的にはWebサイトとしての美しさや機能とのバランスがとれるNotionの方が良い。

以上、私が感じたNotionをWebサイトとして公開する4つのメリットでした。

とにかくNotionが良いなと思ったところは、コンテンツの作成・ライティングに全集中できること。そしてメンテテンス性の高さです。

エンジニア界隈では開発体験・開発者体験という意味でDX(Development Experiment)と呼ばれますが、Notionを使えば執筆体験: WX(Writing Experiment)を最高のものとすることができます。

WXは私が作った造語ですが、Notionと一緒に広めていきたい言葉ではありますね…!

情報発信をどんどんと行っていきたいと言う場合には、Notionによる情報発信をぜひ検討してみてください。

海外・英語の記事ですが、同様に軽量CMSとしてNotionを運用されている方の記事がありました。

"WebflowよりもNotionのほうがインデックスされるスピードが早かった"という記述もあります。