Raspberry Piで持ち運び&ワイヤレス充電可能なWeblio電子辞書を作る

自作するモチベーション: 予算

iPad miniが50,380円

Androidタブレットなら、10,000以下で購入可能

Weblio英語辞書だけのためにRaspberry Piをわざわざ購入して作成する意味はなさそうです…!

5インチのタブレットは市販のものがほとんどないので、「5インチの超軽量タブレットがほしい」という場合には自作する意味があるかもしれません。

後述する5インチディスプレイは120g程度です。ただしケース付きの場合は合わせて200gとなるので(Raspberry pi本体47gを含まず)、軽量化の工夫をしないと7インチより相当に軽い、とは言えなさそうです。

Raspberry Piが意味をなすのは、やはりセンサ類と兼ね合わさった時でしょうか。IoTライクな使い方以外の用途では、既製品のものを購入したほうが良さそうです。

たとえば今回のような「Web上の何かを表示・操作したい」というだけの場合にはRaspberry Piは不要です。

もちろん、学習したいというモチベーションのためなら大いにアリです…!

以下、電子辞書タブレットをRaspberry Piで作成するために検討した事項を残しておきます。

ハードウェア仕様

image

Rasbperry Piはシングルボードコンピュータ= 一般のPCではない

ノートPCのような形で動作させるためには、以下のパーツが別途必要。

電源・バッテリー関連

モバイルバッテリーをRaspberry Piに接続してノートPCとして持ち運び可能に

ワイヤレス充電(Qi)に対応させる

Qiによるワイヤレス充電は設置場所・向きの判定が厳しいらしい。

実装するなら、充電時のLチカが欲しいところ

既製品のバッテリに貼り付け、ワイヤレス充電を可能にするシールがある

ディスプレイ

ディスプレイサイズの型・インチのcm表記

電子辞書の用途からすると、4〜6インチ程度はほしいところ。

流通しているのは5インチ、7インチなのでどちらかから選択することになりそう

ディスプレイ候補

以下は用途に合わなかったため、ボツ。