テクニカルSEO・内部分析ツールで分かりやすいSitebulbを使ってみた

テクニカルSEOのための内部分析ツールとは

多種多様なSEOツール

SEOには様々なツールがあります。たとえば

  • 被リンクやPV, コンテンツ量などを元に競合との差分・比較を教えてくれる競合分析ツール
    • Ahrefs
    • UberSuggest
  • 定期的に順位計測してくれる順位計測ツール
    • GRC
    • RankTracker
    • Serposcope
    • UberSuggest
  • 月間検索キーワードボリューム数を教えてくれるツール
    • Google広告の中のキーワードリサーチ
    • Ahrefs
    • UberSuggest
    • RankTracker
      • ただしRankTrackerの月間検索vol.はほとんどアテにならない数値かと思われます
  • リンク切れや内部リンクの貼り方、構造化データなどテクニカルSEOをチェックしてくれる、内部分析ツール(今回)
  • 総合的なアドバイスを行ってくれるAI搭載のSEOツール
    • AIアナリスト
    • Pascal

もちろん、上記のもととなる情報として、Search ConsoleやGoogle Analyticsなどのツールもあります。

SEO内部分析ツールとは

image

このうち、リンク切れや内部リンクの貼り方、構造化データなどをチェックしてくれる「内部分析ツール」を今回はご紹介。

いわゆるSEOにおける「テクニカル」な部分の発見と改善をスムーズにしてくれるツールです。

私のおすすめは視覚的に分かりやすいとされる、"Sitebulb"。金額も$10/月または$35/月(おすすめは$35のプラン)と手頃です。

内部分析に特化したSEOツールはいくつかありますが、日本で有名なのはScreaming Frog SEO Spiderでしょう。

ほかにも以下、数多くの内部分析ツールがありますが、Sitebulbに比べると高額だったり、視覚的に分かりづらかったりするものもあります。

上記にも紹介しきれないほどのSEO内部分析ツールが、SEO Audit Tools: A List Of 65 Tools For SEO Auditing の記事で紹介されていました。気になる方はリンク先からチェックしてみてください。

SEO内部分析ツール・Sitebulbの5つの特徴

image

SitebulbはWindows/Macに対応するデスクトップ版アプリとなります。

的確にサイトを巡回する

  • JavaScriptレンダリングでの確認も可能
  • スケジュール機能

タスクに優先順位をつける

Siteguluにも搭載されているタスクの優先順位づけ機能

分かりやすく説明してくれる

なぜ重要なのか?どのように解決すればいいのか?を分かりやすく説明してくれる

ただし英語のアプリとなるため、英語での説明文となります。

クライアントに提出できるレポート機能

SpreadSheet形式またはPDF形式でエクスポートが可能。

500,000URL/月の検査が可能(Proプラン $35/月の場合)

他サービスと比べて多くのURL数の巡回が可能