NotionをWebサイト・ブログ公開用の軽量CMSとして使うかどうかの判断基準

最新の更新日
Mar 18, 2022 1:00 PM
Target Keywords
vol.

Notionは万能ツールですが、完璧なCMSというわけではありません。NotionをWebサイト・ブログ公開用の軽量CMSとして利用すべきかどうか、下記におすすめできるユースケースをまとめてみました。

判断基準・採用基準は以下のとおり。

  • 情報発信・公開までのスピード、速く・多く記事公開したい場合
  • SEO効果をより高く得たい場合
  • デザイン性の高いWebサイトにしたい場合
  • 厳密なチェック体制やワークフローが必要な場合
  • 社内マニュアルや社内ドキュメントをシームレスに外部発信につなげていきたい場合
  • セキュリティ面を重視したい場合
image

とにかく速く・多く・スピーディーに情報発信していきたい場合: Notion

圧倒的にNotionが優れています。Notionがもたらす快適なライティング体験を味わうと、もうWordPressや他CMSのエディタには戻れません。

Notionは文章ごとにコンポーネントというブロック単位で分離して構成され、コンポーネントはドラッグ&ドロップで簡単に移動できます。アウトライナーとしての優秀さがNotionの快適なライティング体験を生み出している1要素だと言えるでしょう。

Concrete CMSもブロック単位でサイトの要素が構成されますが、粒度がNotionのそれとは異なります。

(近年ではWordPressもブロックエディタと呼ばれるエディタを採用しましたね。操作性は最悪だと思いますが…)

参考カテゴリ:

粒度が異なるのは、文章ブロックの中身の扱いです。Notionは基本的に1文単位でブロックが区切られますが、Concrete CMSやWordPressでは文章ブロック内で改行しても、ブロックが区切られず複数文でも1つの文章ブロックのままです。

これはConcrete CMSやWordPressが悪い、という訳ではなく、Notionがそもそもドキュメント管理としてのアウトライナー的性格を有しているのに対して、Concrete5やWordPress, WebflowなどのWebサイト用CMSは文章以外の様々な要素を扱う必要があるため、その粒度が大きくなってしまうのです。設計思想の違いと言うことができるでしょう。

またWebサイトを公開するCMSとしてSEOを意識したときに、内部リンクを張り巡らせるのはSEO施策として1つの有用な手段です。

Notionはその点、@でNotion内の他記事をページ遷移なく検索できるため、ライティング時に意識を途切らすことなく執筆に集中することが可能。

Notionはメンバーを招待することで複数人での作業が可能です。

リアルタイム編集で、他ユーザーのカーソルが表示されます。

1人で運用するときでさえライティング効率が大幅にアップしたのですから、複数人での運用の際は数倍の相乗効果が見込めるのではないでしょうか。

SEO効果をより高く得たい場合: 他CMS(特にWordPress)

SEO効果をより高く得たい場合には、Notionよりも他CMSが適していると言えるでしょう。

特にWordPressはSEOのために最適化されたテーマやプラグインがあり、これらがテクニカルSEOの実践やサイト運営を助けてくれます。

「SEOに強いCMS」というのはそれ単体では存在しないと考えていますが、WordPressは元々はブログ用CMSとして発展してきたことから、「SEO施策をやりやすい」CMSであると考えています。

また、WebflowSTUDIOConcrete CMSなどの通常のWebサイト用CMSではナビゲーションメニューを全てのページに設置することは当然のように可能ですが、Notion製ブログではひと手間必要になります。

まだ検証してませんが、Notionで完璧にナビゲーションメニューを実装することは難しいかもしれません…!特にスマートフォンからの閲覧にどう対応させるかがネックになりそうです。

このナビゲーションメニューや各種内部リンクの固定表示が難しい事は、内部SEO面ではマイナス。

デザイン性を意識したい場合: 他CMS

image

デザイン性を意識したWebサイトを作りたいという場合には、WebflowSTUDIO等のNo-Codeサイトビルダーや、WordPress, Concrete CMS等のCMSの方が適しているでしょう。

特にデザイン重視という点だけを満たしたいのであれば、WebflowSTUDIO等のNo-Codeツールの方がおすすめかもしれません。

WordPressやConcrete CMSでは、どうしてもエンジニアリングの開発リソース・スキルを必要としてしまうからです。これは後々に技術負債となる可能性があります。

Notionもある程度のデザインは可能ではありますが、基本的には触れないものと思っておいた方が良いです。上記と比べるとデザイン自由度は低くなります。

NotionのWebサイト公開用サードパーティツール、Super.so にはさまざまな美しいデザインテンプレートが公開、販売されています。

折衷案として、コーポレート・サービスサイトは他CMSやノーコードツールで作成、ブログのみNotionで運営という手段も取ることができそうです。

ただし、たとえば「新着記事」のような形でNotion記事をサイト上に埋め込み表示できるのかは要検証です。

SuperやWraptasの側でRSS形式で配信されていれば可能かも

私も、魔法使いのWebマーケティング というWordPress製ブログは残したまま、セカンドブログとしてSuper×Notionの本ブログを運用しています。

まずは移行ではなく、セカンドブログとして運用してみることをおすすめします。

厳密なチェック体制や、ワークフローが必要となる場合: 他CMS

image

Notionには、他CMSが備えているような下記機能は持っていません。

  • 公開承認、複数決済での承認ワークフロー
  • 下書き記事として非公開で保存
  • 予約投稿
  • ユーザーのログインログ・管理

上記機能が必要な場合には、WordPress等の他CMSが必要になるでしょう。

特に承認ワークフローに関してはConcrete CMSが得意としています。

しかし、Notionでもチェックボックスとフィルターを用いれば、簡易的な承認機能や下書き記事保存を実装することが可能です。

SuperでSync URL機能をオフにしておけば、記事公開時にSuper側での公開作業が必要となるため、そのステップを承認作業とみなすことができます。

(そもそもSuperのSync URL機能は日本語タイトルだとエラーとなる可能性大なので、オフにしての運用が推奨です。)

ユーザーのログを確認することはできませんが、階層ごとに招待することで一定程度のコントロールが可能。また有料版を契約することでページのログを保存、ロールバックさせることは可能です。(ユーザーのログではないので注意)

社内マニュアルや社内ドキュメントをシームレスに外部発信につなげていきたい場合: Notion(またはConcrete CMS)

社内マニュアルや社内ドキュメントを外部発信用ツールとして、転化させながら利用していきたいという場合にはNotionが非常に便利です。

社内用の非公開ワークスペースから、公開設定をしているワークスペースにドラッグ&ドロップさせるだけ。一瞬で公開・非公開と配置階層を切り替えることができます。

また、Notionほどのスムーズさはありませんが、社内と社外とのシームレスな資料連携はConcrete CMSが得意としています。

外部から受け付けたフォームを、そのまま社内のイントラネットにてシームレスに利用することが可能です。そのような大企業での利用事例もあるようです。

セキュリティ面を重視したい場合: 運用によるが、Notionがおすすめ

Category: